むし歯かな?と思ったら

Pocket

しみたり、痛みがある時はむし歯のサインの可能性があります。
むし歯は自然に治ることがないので、時間がたつとますます悪化してしまう病気です。むし歯でない可能性もありますし、大切なのは早めの受診です。

むし歯はなぜできる?


むし歯は口の中にいる細菌、砂糖を含む食べ物、むし歯になりやすい歯質の3つの要因が重なって発生します。
むし歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、その酸により歯が溶けていくのがむし歯です。
むし歯になりやすい3大部位というのがあり、それは奥歯の噛む部分の溝、歯と歯の間の隣接面、歯と歯肉の境目の部分をいいますが、いずれも汚れが溜まりやすい部分になります。

むし歯の症状と治療法

虫歯の進行具合

進行段階          

  • Co:ごく初期のむし歯
    症状
    むし歯菌が出す酸によって歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。歯に穴は開いておらず、痛みはありません。
    治療法
    適切なブラッシングやフッ素塗布などによって歯の再石灰化を促せば、治る可能性があります。
  • C₁:エナメル質のむし歯
    症状
    エナメル質がさらに溶け、少し穴が開きはじめた状態。冷たいものがしみることがあります。
    治療法
    むし歯を除去し、白いつめもの(レジン)を詰めて1回で治療ができます。
  • C₂:象牙質のむし歯
    症状
    エナメル質の内側にある象牙質にまでむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになります。
    治療法
    むし歯を除去し、部分的なつめもの(インレー)で治療します。型取りが必要なので、治療は最低2回必要になります。
  • C₃:神経まで達したむし歯
    症状
    歯の内部の神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
    治療法
    神経を除去し、根管の内部を消毒する根管治療を行い、かぶせもの(クラウン)を被せます。治療は複数回必要になります。
  • C₄:歯根まで達したむし歯
    症状
    歯の大部分が溶けてなくなり歯根まで進行した状態。歯ぐきが腫れたり、膿(うみ)が溜まり痛みがでます。
    治療法
    多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後には入れ歯やインプラント治療などによって失った歯の機能の回復を図ります。

根管治療


むし歯が神経まで達していると根管治療(いわゆる根っこの治療)が必要になります。
むし歯菌に侵された神経や血管を除去し、根管の中を消毒していきます。
根管治療をすることでその歯の痛みを取り、残すことができる大切な治療です。