歯が失われている原因で最も多いのは「歯周病」

Pocket

歯周病とは


日本人の80%が罹患しているといわれている歯周病。
歯周病はお口の中の歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える顎の骨を徐々に溶かしてしまう感染症です。
歯周病が進行すると歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)が深くなり、歯ぐきやその周辺にさまざまな症状があらわれます。

歯周病と全身のかかわり

近年、歯周病が糖尿病や誤嚥性肺炎、早産などの原因となることが明らかになり、歯周病はお口の中の病気だけでなく、全身の健康と大きく関係していることがわかってきました。
気道や血管を介して肺や心臓に入り込んだ歯周病菌が肺炎や心疾患の原因となっていたり、歯周病菌の出す毒素により、糖尿病が悪化したり、早産を誘発することも明らかになってきました。

歯周病の症状

    進行段階

  • 健康な状態
    歯と歯ぐきの間には1~2mm程度のすき間があります
  • 歯肉炎
    症状
    歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングをすると出血したりしますが、痛みはありません。歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)は2~3mm程度です
  • 歯周炎(軽度)
    症状
    歯ぐきの炎症がひどくなり、歯周病菌が顎の骨を壊しはじめる状態。歯ぐきの腫れ、出血、口臭が出始めます。歯周ポケットは3~5mm程度です。
  • 歯周炎(中度)
    症状
    炎症がさらに拡大し、顎の骨が半分近くまで溶けた状態。歯が浮く感覚やぐらつきがはじまり、口臭が強くなります。歯周ポケットは4~7mm程度です
  • 歯周炎(重度)
    症状
    顎の骨が半分以上溶け、歯がぐらぐらする状態。歯ぐきの腫れ、出血に加えて、歯の根っこが露出してくることもあります。この状態が続くと自然に歯が抜け落ちることもあります。

歯周病の治療法―4つのステップー

歯周病は生活習慣病の一つです。病気と向き合い一緒に改善していくことが大切です。患者さま自身でできることがありますし、私たちが治療することで改善していくことがあります。当院では歯周病を改善するために4つのステップ治療を行っています。

  1. 自分自身で現状を把握する
    まず歯周病の検査をいくつかさせていただきます。
    そして、現在の状態や歯周ポケットの深さを知りましょう。歯石や汚れがどこにつきやすいのかを知ることも大切です。歯みがきだけでは全ての歯石や汚れを落とすことはできません。歯周病を改善するためには自分の歯周病がどの程度進行しているかを知ることが大切です。
  2. セルフケアの改善
    歯の形やお口の大きさは人それぞれであり、その人に合った磨き方が必要です。まず、歯科医師や歯科衛生士による歯磨き指導により正しい歯みがきの仕方を身につけましょう。デンタルフロスや歯間ブラシも有効です。歯肉炎などはセルフケアの改善だけで症状が良くなることがほとんどです。
  3. 歯科医師、歯科衛生士による治療
    超音波の器具や「スケーラー」という手用器具を使用して、歯みがきでは取り除けないプラークや歯石を除去します。歯周ポケット奥の深い歯石は局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、感染した組織を除去します。
  4. 予防とメインテナンス
    歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくためにはメインテナンスが重要です。治療が終了した後は3~6カ月ごとの定期健診の受診をお勧めします。
    また、何もなくても歯周病の原因となるプラークや歯石を落とすことでリスクを大きく減らすことができます。